カードゲーム

遊戯王のデュエルリンクスに禁止カード制定

遊戯王のデュエルリンクスに禁止カードが制定されます。今回は下記の2種類となります。

 

<デビル・フランケン>

5000ポイントライフを払うことで、エクストラデッキから融合モンスターを特殊召喚できます。ライフコストは大きいものの、それ以上の見返りを得られます。

 

<おじゃま・キング>を特殊召喚し、相手に何もさせないデッキが大流行しました。それを抑制する目的で、禁止カードになったのだと思われます。(デュエルリンクスではモンスターゾーンが3箇所のため、OCGよりロック性能は格段にあがる)

 

欠点となるのは莫大なライフポイントを要求されることです。終盤に引いた場合、死に札となる可能性が高くなります。

 

デュエルリンクスでは初期ライフポイントは4000なので、スキルもしくはライフを回復させなければ効果を使用できません。プレイヤーの腕を問われるカードといえるでしょう。

 

ライフポイントの問題はあるものの、効果の強力さから禁止カードに制定されたものと思われます。OCGの世界で長きに渡って禁止カードに君臨していたカードは、デュエルリンクスにおいて一時的に姿を消すことになりました。

 

 

<隣の芝刈り>

相手よりデッキ枚数が多い場合、同じ枚数になるようにデッキの上から墓地に送るカードです。

 

コンボ性は強いカードではあるものの、発動条件を満たすためにデッキの枚数を増やす必要があるため、肝心のこのカードはドローしにくくなっています。キーカードになりうる反面、手札に加えたいカードをドローしにくいため一長一短です。

 

デュエルリンクスで禁止に制定されるのは、デッキ枚数がOCGよりも少ないことでドローしやすいからでしょう。効果を使用した場合、落としたいカードが落ちる確率も高くなります。

 

OCGでは禁止カード入りしていないだけに、デュエルリンクスの世界の環境は異なるのかなと思わされました。デッキが60枚ならどうなっていたのでしょうか。

 

 

*禁止カードはこれからも増えていくかもしれません

 

 

文章:ゲームくん

 

関連記事

  1. 『TEPPEN』現環境デッキ紹介!
  2. 【シャドウバース】新パック『森羅咆哮』を47パック開けてみた!
  3. 『シャドバ』やるなら今! オススメ配布デッキを紹介!新パックにも…
  4. シャドウバース 初心者が Open6 をやってみた! 【前編】
  5. 『シャドバ』ビショップ・ネメシス・ニュートラルの新レジェンドにつ…
  6. シャドウバース 初心者が Open6 をやってみた! 【後編】
  7. 『シャドバ』エルフ・ロイヤル・ドラゴンの新レジェンドについて相性…
  8. 【シャドバ18弾】エルフ・ドラゴン・ニュートラルについて考察!【…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

『ロックマンX DiVE』サービス開始!リセマラおすすめキャラクターを紹介!

ロックマンX DiVE サービス開始しましたね!操作性が難しいですが、中々にアクションを楽しめま…

『原神』モナの伝説任務が実装!早速遊んでみよう!

「原神」にて、本日よりモナの伝説任務が実装されました。これにより冒険ランク39で停滞していた筆者…

『パワプロ』ヴァンプサクセスマウンテン(野手育成について)

サクセスマウンテンのヴァンプ強化のプレイ結果を書いていきたいと思います。今回は野手について記します。…

『パワプロ』北雪のタイムスケジュール

北雪高校でPG野手を作ろう1,2で北雪選手の作り方について説明しました。今回はタイムスケジュールを記…

新着ゲーム系ニュース

アニメ・ゲーム系の新着ニュースをお届けしています。

PAGE TOP